トップページ > 家づくりを考えはじめたら何からすればいいの?・・・その②

お役立ち記事

家づくりを考えはじめたら何からすればいいの?・・・その②

◎情報収集

家族の夢いっぱいのマイホームを叶えるためには、住宅のこと、土地のこと、住宅ローンや税金のことなど、情報収集することは山盛りです。
しかし、一番大事なのは住宅会社選びといってもいいかもしれません。自分たちで勉強するとともに、もし間違った知識だったとしても住宅会社がフォローしてくれるようなところがいいですね。

◆住宅情報誌・書籍

住宅に関する情報誌や本は、家づくりの知識を養うのには有効な手段です。
特にたくさんの施工事例が掲載されているものはイメージをつかみやすく、それに付随して一般的な情報を提供している場合があります。
ある特定の住宅会社や建築団体がつくった情報誌の場合、偏っている可能性もありますので、ご注意を

◆折込チラシ・ネット

『今の時代は折込チラシよりもインターネットでしょ!?』
そう思われるのも当然ですが、ハウスメーカーや大規模な工務店はインターネットの準備ができているかもしれません。
しかし、建築家や小規模工務店はほとんど準備できていません。あったとしても、ホームページ作成会社がなんとなくヒヤリングをしてつくったというのが大体のところでしょうか。

これはチラシも同じです。
彼らは建築のプロですが、広告のプロではないのです。
ホームページやチラシを参考にしつつも、見た目のキレイさにはだまされないようにしてくださいね。

◆勉強会・相談会など

これらは主に住宅会社や建築団体が主催します。
勉強会の内容は間取り・プランニング、資金計画などさまざまです。
まれに自社の売り込みや提携工務店へのあっせんをすすめてくる場合があります。

◆見学会・展示会など

会社が自分のところで建てた住まいを公開することが多いです。
間取りや動線、空間を体験できます。
モデルハウスでは非現実的な要素がたくさん取り入れられていることも多いですが、建築中お施主様の住まいをお借りするパターンだと実際の生活をイメージしやすいのでおすすめです。
また、構造見学会なども開催される場合がありますが、完成してからでは見えなくなってしまう大事なところを見ることができます