トップページ > 外壁材の選び方は?

お役立ち記事

外壁材の選び方は?

外壁材は家の全体の印象づけをする大事な材料です。素材の質感や外壁材の凹凸または色によって雰囲気が大きくかわります。

外壁材の種類や施工方法も数多くあるので、好みや予算に応じてご検討ください。
例えば、ある一面だけをオシャレな塗り壁にして、目立たない面をコストの低いサイディングにすることでコストを下げる方法もあります。

セメント系サイディング

サイディングとはパネル状の外装材のことで、セメント系サイディングは耐久性やコスト面のバランスが良く、今の住宅の主流となっています。

金属系サイディング

金属材を使用することにより、家全体の軽量化を図り耐震上有利な材料となります。
ただし、コスト面ではセメント系サイディングよりも高くなります。

塗り壁

モルタルを下地にし、塗装によって仕上げる方法です。下地モルタルをコテやローラーなどの仕上げ方によって、様々な表情を外壁に出すことができます。
サイディングよりもコストは高く、工期もかかりますが、独特のデザインを出したい場合にはおすすめです。

タイル

外壁にタイル材を張っていくことにより、重厚感や高級感を演出できる材料です。
もちろん価格が高価なことに加え、メンテナンスに気を使う材料です。経年劣化などでタイルの落下事故を防ぐためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。