トップページ > 木造住宅の種類は?

お役立ち記事

木造住宅の種類は?

木造住宅にもいくつかの種類があります。

軸組工法 → 在来工法ともいいます。コンクリート基礎の上に土台をつくり、柱と梁で骨組みをつくり、筋交いの斜め材で補強して強度を高める工法。
メリットは間取りやデザインの自由度が高い、将来的にリフォームをする際に構造的な制限が少ない。

壁式工法 → ツーバイフォー工法ともいいます。2×4(ツーバイフォー)インチ材で枠材をつくり、その面に構造用合板を張り付けて強度を高める工法。
メリットは高気密と高断熱工事との相性が高く、軸組工法と比べると安価でできる。

プレハブ工法 → 柱や梁、壁材を工場で製作し、現場では組み立てる工法。
メリットは工場生産のため、現場制作よりも品質が安定する。また、工期が短いことも特徴です。