トップページ > 地震に強い家は、何を基準に選べばよいでしょうか?

お役立ち記事

地震に強い家は、何を基準に選べばよいでしょうか?

【ご相談内容】

私は幼い頃、阪神・淡路大震災で被災しました。
家族の命は無事でしたが、それまで住んでいた家が住めない状態になり、非常に怖い思いをしました。
今回、仕事の関係で茨城に永住することになり、家づくりをするなら、地震に強い家を建てたいと考えています。
どの会社も地震に強い家だとPRしていますが、客観的に判断できる基準を教えてください。

このご相談に、アルルホームズがお答えします!

いつ、どこで起こるか分からない地震は、大きな心配事の一つです。

地震の揺れが原因で、多くの建物に大きな被害が出た東日本大震災は、私たち茨城に住む人にとっても絶対に忘れることのできない出来事です。

そこで今回は、住宅の耐震性について触れてみたいと思います。

1.国の耐震基準とは?

現在の国の耐震基準は、1981年6月に改正された「新耐震基準」で、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、新耐震基準を満たして建築された建物は、倒壊しなかったと言われています。

2000年に住宅の品質を高める目的で品確法が制定されました。「住宅性能表示制度」という、10分野の住宅の性能を、共通の基準で評価して等級などで表示する制度ができました。その中の耐震性の分野で、耐震等級1は新耐震基準を満たすことを示していて、耐震等級2はその1.25倍、耐震等級3は1.5倍の強度という意味です。。制度は任意なので、必ずしも表示がなくても耐震性が低いわけではありません。

2.構造計算(許容応力度計算)のされた、耐震等級3の家を選ぶ

耐震性の高い住宅を選ぶ基準は、構造計算(許容応力度計算)の結果に基づく「耐震等級3」の住宅を選ぶこと。検討をしている住宅会社に、「構造計算のされた耐震等級3の家を建てたい」と伝えればOKです。

アルルホームズのエコ住宅は、全棟で耐震等級3を基準にしています。一部、間取りに制約を受ける場合もありますが、大切な命を守る役割を持つ住宅であることと、建てた後では、なかなか変えることの出来ない構造の部分を大切にして欲しいと考えています。