トップページ > 土地選びで嫌な思いをしたくありません。よいアドバイスをください

お役立ち記事

土地選びで嫌な思いをしたくありません。よいアドバイスをください

【ご相談内容】

先日、不動産屋さんに連絡し値引きのお話をしたところ、嫌な感じの対応を受けました。
また、検討している土地に、実際に住宅が建築できるのか? ものすごく不安です。
土地選びで、うまく不動産屋さんとコミュニケーションをとる方法、不満を持たずに不安にならない方法はありますか?

このご相談に、アルルホームズがお答えします!

私たちの住む茨城でも、優良物件が少なくなり、非常に土地選びが難しくなってきています。

また土地を押さえている不動産業者の勢いが強くなり、値引きや条件交渉が厳しくなってきているのも事実です。

そこで今回は、土地選びで不安な思いをしたくない、不満を抱えたくないという方のための対策方法を解説します。

大事なことは不動産さんの気持ちを学び、土地選びの全体の流れを知っておくこと

土地選びをされる多くの方が、行動的です。良い物件が出ると、実際に現地に足を運び、研究熱心です。しかし、不動産を購入するのは、一生に一度の経験です。わからないことが多いために、不動産屋さんとのコミュニケーションの点で、不満を抱えたり、不安に思われたりする方が多いのも、事実です。

そこで実際に土地選びをされた方が、経験したくない嫌だったなと考えていたこと、当時感じた不安について、ご紹介します。このようなことを、想定の範囲内にしておくことで、不安も解消され、対策を立てることが可能です。

土地選びで経験したくないこと、嫌なこと。

 1.不動産屋さんに怒られたくない。売り込まれたくない。

 2.希望の間取りが建築できる土地なのか? わからないのが不安。

 3.住宅ローンを組む時に、銀行員にペコペコしたくない。

 4.値引きの交渉が不安、やりにくい。

 5.土地の契約の時期と実際にお金がかかる時期がわからない。

 6.土地の予約と契約のタイミングがわからない。

 7.名義の関係が不安。共有がいいのか? 単独がいいのか?

これを機会に、土地選びでの不安を、リスト化しておき準備をされるのはいかがでしょうか?
何か質問などありましたら、どうぞご気軽にお問い合わせください。