トップページ > 家を建てた方がいいのか、建てない方がいいのかを迷っています。

お役立ち記事

家を建てた方がいいのか、建てない方がいいのかを迷っています。

家を建築するか? しないか?迷われている方のご相談です

【ご相談内容】

現在、賃貸アパートに家族4人で暮らしています。
妻は、いつまでも家賃を払うのは勿体ないので、早く家を建てて持ち家で暮らしたいと言っています。
妻の気持ちもよく分かります。でも実は、私は怖いのです。
妻や友人の前では、「今は仕事が忙しい」とか「いい土地がない」とか言ってごまかしてはいますが、本当は大きな借金を背負うのが怖くて仕方がありません。
家を建てるべきか、どうか迷っています。何か決断できるアドバイスをください。

このご相談に、アルルホームズがお答えします!

1.人生で、本当に家が必要なのか?

人生は家づくりだけで考えないでください。家づくりに人生をかけてはいけません。

私たちがこれから家づくりをされる方にお願いしていることです。広いリビングダイニングキッチンのあるショールームに行き、たくさんの間取り集を見せられて、カタログや粗品をもらうと、家づくりを考えていなかった人でさえ、家づくりをするのが当たり前と錯覚してしまいます。


しかし、重要なのは、それぞれのご家族が望む人生を手に入れるために、人生を楽しく豊かに生きていくのに何が必要なのか?を考えることです。そもそも、人生に家づくりは、必要なのか?

家づくりを決断された家族、家づくりをしないことを決断された家族、どちらも重要な決断です。今回は、その決断の事例をご紹介します。

2.人生で家づくりを決断された方の動機

1.自分は何歳までにローンを完済したいのか? を逆算して決断できた

2.残りの寿命を考えたら今が最後のチャンスと思って決断した

3.子どもを含めた家族全員で一緒に住める残りの期間を考えて、決断した

4.家族が増えたので、生命保険を見直した。高額な生命保険のかわりに、土地と住宅を購入する決断をした。

5.子どもを転校させたくなくて、小学校に上がる前に、決断できた

6.同僚や先輩が建築しているので、決断した。

7.家族へのケジメとして、家づくりを決断した

8.夫は転勤族だったが、子どもの学校を優先させて、単身赴任を決断し建築した

9.定年後の居住を考えた時に、人生の残り30年の住居で安心するため

10.自分の家が欲しかったから

3.人生で家づくりをしないことを決断された方の動機

1.自営業で商売をしているため、キャッシュで購入するモチベーションにしたい

2.妻も私も子どもも、一人っ子なので定年後まで見極めたい

3.転勤が多く、なかなか決断できなかったが、家族一緒に引っ越しすることを決めた

4.一生涯賃貸の方が、身軽で気が楽と、決断した

5.親からの遺産があり、70歳以降も、賃貸で暮らせるから

6.借金を背負うことが嫌だった。自分の代では、家を購入しない決断をした

7.借り入れができなかったから諦めがついた


10のご家族があれば、10の決断があります。どの決断にも、不正解はありません。

望む人生を手に入れるために、これを機会に、人生を楽しく豊かに生きていくために、家づくりを決断するのが良いのか? 家づくりをしないことを決断するのが良いのか? を考えてみるきっかけにされては、いかがでしょうか?


何か質問などありましたら、ご気軽にご相談ください。